これからの仕事は資格があるとないのとではかなり差が出てくる

資格を取得する意味

資格を取得しておけば就職活動に有利という事で不景気の時は資格を取得する人が増える傾向があります。
資格にはいろんな資格がありますよね。国家資格と民間の資格があり、民間の資格の方が種類が多いのですが、やはり国家が認めた資格の方が持っていて有利な事が多いようです。

資格を取得するメリット

国家資格は教師や医者、弁護士などその資格を取得しないと仕事に就く事ができない資格もありますし、また資格がなくても働く事はできるけど資格があれば資格手当がついて給料がアップするというケースもあります。
また給料に反映しなくてもやはり仕事に役立つからという意味で昇進などの目的で取得する人もいるでしょう。
仕事に関係ある資格を仕事の理解を深めるために必要に迫られて勉強し取得するのであれば資格は仕事に役にたつと言えるでしょう。

資格を取得する事が目的ではない

しかし学生にありがちですが、就職活動がもうすぐ始める、自己アピールをするためにも何か資格があった方が有利そう。
だけど今から取得できる資格はないかと探して少し勉強すれば誰にでもとれる資格をとにかくたくさん取得している人がいます。
ですが少し勉強すれば誰にでも取れる資格でしかもその就職活動先の仕事内容と特に関係ない資格だった場合、それは意味があるのでしょうか?

もちろん何もないよりは何かあった方がマシという側面があるのは事実です。
しかし本当に持っていて役に立つ資格が欲しいと思ったら相当真剣に勉強しなければ取得する事ができませんし、そもそも実務経験がないと取得できない資格も数多くあります。

転職などの場合は例えば簿記の資格がある人よりも資格はないけれど簿記の仕事の経験者の方を採用したいと思うでしょう。
資格を取得する事が最終的な目標なのではなく、その資格が仕事でどう生かせるのかが重要な事なのです。



PR【ジェネリック医薬品が自宅へスピード配送】


海外医薬品 個人輸入
医療費を抑えられるから家計にも安心と評判です!