Single post

介護福祉士の資格について

介護福祉士とは老人ホームやデイケアセンターなど高齢者や日常的な生活を送れない障害者に対して生活支援をする現場で働く人が取得する資格です。

もちろん資格がなくても福祉の現場で働く事は出来ますが、働きながら経験を積み資格を取得しているというケースが多いようです。

働く職場としても今後高齢者が増えるに従い介護施設も増えるでしょうから求人数も増え職に苦労しないでしょう。

ただし急速に施設が増えた結果、低賃金で重労働の職場環境が悪いところも少なくない状態なのでせっかく資格を取得しても福祉の現場から離職してしまう人も少なくありません。

そのため早急に職場環境の改善が今後の課題となっていくでしょう。

介護福祉士の受験資格は2通りあります。

1つは3年以上介護の現場で働いた経験がある人、そしてもう1つは介護福祉士養成の専門学校を卒業しているかです。

受験資格をクリアして、筆記試験と実技試験を受けて合格すれば無事介護福祉士となる事が出来ます。