Single post

理学療法士の資格について

理学療法士とは物理療法行って心身に障害を持つ人の社会復帰を目指すサポートをする仕事です。

物理療法とは温熱、光線、電気治療、低周波などを使うため専門的知識が必要となります。

病院のリハビリ施設や福祉施設、また最近はディサービスなどの寝たっきりになってしまった高齢者に対してもリハビリの需要が増えているため働く場が広がってきています。

理学療法士の受験資格は専門学校などの教育機関で3年以上勉強している事ですが、作業療法士の資格をすでに取得している場合は3年ではなく2年で受験資格を得る事が可能です。

リハビリをする際にも物理療法と作業療法のどちらの知識もあった方が効率的にリハビリを行えるため現場としては両方の資格を持っている人を積極的に採用するでしょう。