Single post

福祉住環境コーディネーターについて

自宅をバリアフリーにする事は介護される人にとっても生活しやすくなって楽になりますが、それ以上に介護する人にとっても介護しやすくなって負担が減るので双方にとってメリットがあります。

しかしバリアフリーにリフォームするといってもどのようにリフォームすればいいのか希望しようにも分からないという人も少なくないでしょう。

それに自宅をリフォームするのにはお金がすごくかかってしまいます。

そのため最小限のリフォームで最大限の効果を発揮するべき福祉住環境コーディネーターがいるのです。

住宅建築やリフォームの会社にこの資格を取得している人がいるので、いろいろアドバイスをしてもらうといいでしょう。

また自治体によって、そして介護が必要な程度によって条件は変わってきますが、金銭的に補助金としてバックアップしてくれるところもあるので相談してみるといいでしょう。

福祉住環境コーディネーターの資格は2,3級は合格率が40%ありますが、1級はなんと4%の合格率しかありません。

難易度が高い資格ですが、だからこそ資格を取得できれば仕事でかなり評価されるはずです。