Single post

気象予報士の資格について

テレビのニュースで天気予報祖している人が天気予報士だというイメージが強いかもしれません。

もちろん彼らも天気予報士の資格を持っていますが、それはごく一部の人であって天気予報士の大半はテレビにうつらないところで仕事をしています。

天気予報は私たちの生活に欠かせないものですよね。

特に農業や漁業など自然を相手に仕事をしている人は仕事は天気に大きく左右されますし、またビジネスマンであっても晴れの日と雨の日とでは集客や売上は全く異なりますから、仕入れは天気予報を見て考えるはずです。

つまり天気予報士の仕事は経済活動に大きく関わっていると言えるでしょう。

最近では衛星などの技術が発達して以前に比べて天気予報の当たる確率はかなり精度が上がってきました。

しかしそれでもまだ天気予報は外れてしまう事もありませんよね。
それだけ予報するのには情報収集や経験値など知識と経験がモノをいう仕事なのです。

ちなみに天気予報士の受験はかなり難易度の高い試験です。
誰でも受験する事は可能ですが、その合格率はなんと5%と言われています。

難易度が高いため天気予報士の仕事は高収入が得られる仕事と言えるでしょう。