Single post

Linux技術者認定試験の資格について

LinuxとはOSの一種で低コストで安定した運用が出来ると人気があり、今一番使われているOSです。

そしてLinux技術者認定試験はそのOSを扱う技術者としてどれぐらいのレベルがあるのかを知る目安のような資格です。

レベルは基礎から上級までの3つのレベルがあり、飛び級が出来ずに必ず順番通り受ける必要があります。

この資格があると就職にはかなり有利に働くはずです。