Single post

Microsoft Office Specialistの資格について

Excel表計算処理技能認定試験とWord文書処理技能認定試験の資格を取得した後に次にパソコンの資格を取得するのならお勧めしたい資格があります。

Microsoft Office Specialistです。
この資格について知らなくても自宅や会社で使っているパソコンにはマイクロソフト・オフィスが入っているという人は多いでしょう。

マイクロソフト・オフィスとはWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの事です。

これらのソフトを使いこなせれば社会人としてワード、エクセルはもちろん、PowerPointを使って会議や研修の資料を作成するなどパソコンを使う日常業務に支障がないと言えるのではないでしょうか?

それぐらいメジャーなソフトばかりなのです。

Microsoft Office Specialistの試験は全て実技試験です。

レベルは2種類あり、ワードとエクセルを中心に基本的な操作が理解出来ているかを判断するのがスペシャリストレベルです。

そして用途や目的に応じて環境設定が出来、行動な機能を使いこなせるのがエキスパートレベルと呼ばれます。

スペシャリスト、エキスパートレベルと言われると取得するのに難しそうというイメージを持ってしまうかもしれませんが、実際は就職活動前の大学生や最近では小学生の受験者もいるようです。

今の子どもは生まれた時からパソコンやスマホに囲まれた生活が当たり前で、そして子供の方が覚えるのが早いためパソコンを全く使えない大人がイチから勉強するよりもパソコンで小さい時から遊んでいた子供の方がパソコンが得意だと言えるでしょう。